banner

お金を取るか、兄弟仲を取るかの遺産分割

私が経験した相続から話しましょう。 数年前、父が亡くなり、財産を分けるために家族で集まりました。 私には姉、弟、妹がいます。 母親は既に亡くなっていましたので、父の相続人は私を含めた4人でした。 私は、自分の家族とともに両親と同居をしてきました。 私の思いとしては、父の財産は長男である私が引き継ぐもの、と思っていました。 しかし、兄弟たちにも権利はあります。当然、それなりに言っては来るだろうと思っていました。 弟と妹は、遠方に住んでおり、実家のことには長年無関心でした。 妹に至っては、結婚以来疎遠になっており、両親に孫も見せに来たこともありません。 しかし、父がそれなりの財産を残していたので、妹は弁護士にまで相談に行ったようで、法律に従って、4分の1の現金を要求してきました。 私としては、実家近くに住み、生前の母や父の介護を頑張ってくれた姉には、感謝の気持ちとして遺産を分けたい気持ちがありましたが、何もしていない弟と妹には、一銭も渡したくなかったというのが本音です。 そのように話をしましたが、全く話し合いにならず、その日はお開きになりました。 私の方も弁護士に相談しましたが、私が生前に不動産をもらっていることもありましたし、家事調停や裁判をしても、法律通りに分けることになるので、と和解することを薦められました。その弁護士さんはとても優しい方で、色々とお話するうちに、弟や妹が幼かった時のことなどを思い出し、親の相続で裁判所にまで行って争い、今後絶縁になってしまうのも嫌だと思うようになりました。 私はお金に困っていたわけでもなかったので、結局4人で均等に4分割することで姉も私も納得し、弁護士さんに手続きをしていただきました。
このように遺産の相続の分割でもめるというのは珍しい話ではないかと思います。何が起きるかわかりませんし、なるべく早いうちから少しでも決めておくと良いかもしれませんね。

Copyright(C)2013 相続対策は大事に行おう All Rights Reserved.